biotope of LIFEについて

bio = 生物
topos = 場所

biotopeとは、生物が生存するのに適した環境という意味。biotope of LIFEは、人が本来あるべき生き方、社会環境をつくっていくために、共に学び合う場を持ちたいと思いから、このプロジェクトを立ち上げました。

テーマは「子どもを暮らしの中心に、オルタナティブな子育てとサスティナブルな生き方を考える」。

私たち人類をはじめ、この地球に暮らす生物はみな子孫を残していくことで種を存続させてきました。子どもを育てるということは、親であるなしに関わらず人類が次世代にわたって存在し続けるために欠かせない、最も大切な作業です。そして子育てはまた、かつて私たちが子どもだったころの、好奇心や純粋な感情を呼び起こしてくれるのです。それはまさに、生きながらにしてもう一度新しい人生に生まれ変わるのと等しいといえるでしょう。

現代社会に生きる私たちは、豊かな暮らしの中で、ともすると目先の楽しみや日々の仕事に目を奪われ、根源的な「生きる」ことを見落としがちです。
私が私らしく生きるために、私を知り私を愛すること。
私は、私を含む全てものによって支えられ生きていることを知ることで、積極的に社会に関わり、より幸せな環境を実現していけるのだと思います。

環境問題、原発問題、経済格差、政治、戦争。私たちは今たくさんの問題を抱えた社会に生きています。このままでは、私たちの子どもの世代はもっと多くの問題を抱え、生きるのがもっと難しい時代になるでしょう。
問題を一つでも多く解決し、今がより幸せな社会に。そして子どもたちが、高い問題解決能力を持ち、社会の役に立つ大人に育つように。
その環境をつくっていくことが、大人としての責務だと感じるのです。